復縁をしたいと希望している人たちが今の日本にはたくさんいます。
いや、この言い方は正確ではないかもしれませんね。
昔の日本にも、復縁することやヨリ戻すことを求めている人たちはたくさんいましたし、そもそも日本だけに限られたことではありません。
世界のどこの地域に行っても、復縁することやヨリ戻すことを求める人たちはいるはずなのですから。

もっとも世界の状況については確認することが難しいですし、場所によってその傾向もまったく違っているでしょう。
すぐにでも確認することができるのは、やはり現在の日本の状況ですね。
復縁することやヨリ戻すことを考えている人がいっこうに減っていないことはインターネットを使っていると簡単にわかってしまいます。
何しろ、復縁するためのマニュアルや、ヨリ戻すためのマニュアルが大量に検出されてくるのですから。

これだけたくさんのマニュアルがあるということは、需要がものすごく高いということになります。
その高い需要を満たすために、大量のマニュアルが供給されていることになるのです。
人によっては、一種類のマニュアルだけでは満足しないでしょうから、二種類、あるいは三種類以上利用していることもあるのでしょうから、
利用者はマニュアルによって重複している可能性は高いですが、それでもこんなにたくさんのマニュアルがあるのですから、読者、イコール復縁志願者は相当な人数になってしまうのでしょう。

考えてみれば壮観なことじゃないでしょうか。